ノロウイルスの潜伏期は!!どれくらい!!

ノロウイルスの潜伏期間(感染から発症までの時間)は1日から2日つまり24〜48時間といわれている。
吐き気、嘔吐、下痢、腹痛など胃腸障害が主な症状です。また、感染しても発症しないまま終わる不顕性感染や風邪と同じ症状が出て終える場合とがあります。ノロウイルスは経口感染です。
ノロウィルスは、免疫がつきにくく、自分から排出したウイルスにも再感染するとされているので何度も感染します。
ノロウイルスは、症状が消失した後も3〜7日間は患者の便中に排出されるため、2次感染などのノロウイルスの対策が必要です。

ノロウイルスの予防について!!

海でカキなどの二枚貝にはウイルスに「感染」しているのではなく、生体内に溜め込んで濃縮しているだけなのです。汚染した貝類を生食するとウイルスに感染します。一般的には、加熱した食品であればウイルスは感染力が弱まりますが、非加熱調理食材が感染源となります。汚染された貝類などを調理に関連した食器等から生食用の食材に汚染が広がるされます。また、報告に寄れば、ノロウイルスの感染者を看病する際に、患者の吐物・便などから直接感染する人から人への感染が判っています。糞口感染するウイルスなので、ノロウイルスの対策として、食品の取扱いに入念な手洗いなど衛生管理を徹底することが重要。ノロウイルスの予防として手洗いはとても重要。また、吐物や排泄物などのノロウイルス等を含む汚染物の処理にも注意が必要です。また、ノロウイルスは温度に対しては、60℃程度の熱には抵抗性を示す。よってウイルスの感染力を奪うには、消毒薬を用いて消毒するか、または85℃以上で少なくとも1分以上加熱する必要があるとされています。ノロノロウイルスの対策やノロウイルスの予防は、お年寄りや小さなお子様などの免疫の弱い人はとても重要です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。