ノロウイルスの予防について!!

海でカキなどの二枚貝にはウイルスに「感染」しているのではなく、生体内に溜め込んで濃縮しているだけなのです。汚染した貝類を生食するとウイルスに感染します。一般的には、加熱した食品であればウイルスは感染力が弱まりますが、非加熱調理食材が感染源となります。汚染された貝類などを調理に関連した食器等から生食用の食材に汚染が広がるされます。また、報告に寄れば、ノロウイルスの感染者を看病する際に、患者の吐物・便などから直接感染する人から人への感染が判っています。糞口感染するウイルスなので、ノロウイルスの対策として、食品の取扱いに入念な手洗いなど衛生管理を徹底することが重要。ノロウイルスの予防として手洗いはとても重要。また、吐物や排泄物などのノロウイルス等を含む汚染物の処理にも注意が必要です。また、ノロウイルスは温度に対しては、60℃程度の熱には抵抗性を示す。よってウイルスの感染力を奪うには、消毒薬を用いて消毒するか、または85℃以上で少なくとも1分以上加熱する必要があるとされています。ノロノロウイルスの対策やノロウイルスの予防は、お年寄りや小さなお子様などの免疫の弱い人はとても重要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57711063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。